2009年05月03日

Flyネタでも・・・

スタンダードなマラブーにビーズヘッドをつけたFlyです。
フックサイズは#6だったか#10だったか忘れました(笑)
このスタンダードなFlyは管理釣り場などで良く使われる。
基本的にカラーはブラウン系とグリーン系であれば
初心者から熟練者まで幅広く使えるフライです。
経験則から、手の込んだFlyが必ず釣果に影響する
ものでもなく、単純なFlyの方が釣果を期待できる場合も
あったりします。※結構ぼろぼろのFlyの方が食いがいいなんて
事はよくある事で・・・
Flyといっても所謂陸生昆虫ではなく水生昆虫や魚を
イメージしたもの。あくまでもイメージです。
魚にはそう見えるのかしらねぇ(笑)
ボディの周りを真鍮線のリブを巻いている。※マラブーがばらけない為。
メタル(タングステン、ブラス(真鍮)のビーズヘッドはオモリの役目する。
それと魚に目立つ?・・・それはどうか分からないけど(笑)
ビーズヘッドもブラスよりタングステンは比重は重いが価格的にちょっと高めです。


Posted by c-bird at 13:49

2008年09月23日

中空ボディのモンカゲロウ

ホローボディ(中空)と言うそうだが、それようの某メーカーのツールを買うと
かなり高価なので自作ツールでタイイング。
タイイング自体の難易度はさほどでは無いと思う。

フック:#12


Posted by c-bird at 00:32

2008年09月19日

ネーミングが可愛いFly(カジュアルドレス)

カジュアルなドレスを纏ったFlyをタイイングしてみました。
カジュアルだから清楚なというより少し行動的な女性をイメージしたのかも。
キュートなヒップにドッキンドッキンなんて(笑)
ラビットファーをふんだんに用いたソフトなFryである。

Posted by c-bird at 00:13

2008年09月14日

マラブー

マラブーといえば、普通どんなイメージなのだろうか・・・
サンバカーニバルなどで踊り子さんの衣装にくっ付いている
鳥の羽はマラブーやオーストリッチかも?
ちなみにマラブーは七面鳥の羽で、オーストリッチはダチョウの羽である。
私はというと画像のフライが一番先に浮かんでくる。


-------------------おまけ-------------------
最近気が荒くなってきたふくちゃん。きゃんたまを抜いちゃうと
おとなしくなるのかな?獰猛過ぎると野良に戻してやるぞ。

Posted by c-bird at 00:36

2008年09月06日

ハンピー・パラシュート(テレストリアル)


フック:#12
ハックル:ブラウン
ボディ:エルクヘア(パープル)、フロス
その他:化学繊維

Posted by c-bird at 18:55

2008年08月28日

エルクヘアカディス

久しぶりにフライをタイイング。
渓流もそろそろ終盤だ。
9月にはフライフィッシングに行けるといいなぁ・・・。


Posted by c-bird at 01:06

2006年07月14日

フライの出品はウマミがない

テレストリアル(陸生昆虫)のフライ10個を開始価格500円で出品した。
当然上げを期待しての低めの価格設定だ。
希望としては1,500円で、実際1,000円で落札されればと期待した。
ところが大幅に期待を外れ510円で落札されてしまった。1個51円
これでは、作ったフライを自分で使えば良かった^^;
51円では、フック代とその他のマテリアル代で儲けなどない。
300円は貰わないと実の所儲けは出ない。むしろ足が出る。
出品するとしたら、その辺りを考えないといけない。
釣れようが釣れまいが、ユーザーが欲しがるフライを出品する事だ。

しかし私が見る限り売れゆきの良いフライは釣れないフライなのになぁ。
初心者である事を考慮してフライを作る事。
だが、新しいマテリアルを色々購入して売れても200円だろう。
わざわざ儲けの無い物に先行投資は出来ないしねぇ。
と言う訳で全然ウマミはない。今度は売れなくとも高値で出品する。
それで反応が無ければや~めた。ってとになる。
だが、物を1つ売るにも色々勉強になる。

Posted by c-bird at 09:50

2006年07月08日

夏はテレストリアル(陸生昆虫)フライ

甲虫のイメージフライ 
フックサイズ#12
ボディ:ピーコック、エルクヘア(ナチュラル、パープル)
ハックル:グリズリーコック、ブラウンコック
ウィング:カーフテール(ホワイト)

 

Posted by c-bird at 23:54
 1  |  2  |  3  |  4  | All pages

このサイトの著作権は、全て「Carefree Field」に帰属します。
Copyright ©2004- 「Carefree Field」. All Rights Reserved.