2006年05月15日

ドイツワールドカップ日本代表

W杯ドイツ大会メンバー
位置 No. 名前 所属 生年月日 身長、体重 A代表
GK   土肥  洋一 東京 1973/07/25 32 184、84 4 0
  川口  能活 磐田 1975/08/15 30 179、78 87 0
  楢崎  正剛 名古屋 1976/04/15 30 185、76 50 0
DF   田中  誠 磐田 1975/08/08 30 178、74 32 0
  宮本  恒靖 G大阪 1977/02/07 29 176、72 67 3
  三都主  アレサンドロ 浦和 1977/07/20 28 178、69 70 5
  中沢  佑二 横浜 1978/02/25 28 187、78 48 9
  中田  浩二 バーゼル 1979/07/09 26 182、74 54 2
  坪井  慶介 浦和 1979/09/16 26 179、67 31 0
  加地  亮 G大阪 1980/01/13 26 177、73 42 1
  駒野  友一 広島 1981/07/25 24 171、71 6 0
MF   福西  崇史 磐田 1976/09/01 29 181、77 60 7
  中田  英寿 ボルトン 1977/01/22 29 175、72 72 11
  中村  俊輔 セルティック 1978/06/24 27 178、73 58 15
  小笠原  満男 鹿島 1979/04/05 27 173、72 50 7
  稲本  潤一 ウェストブロミッチ 1979/09/18 26 181、75 62 4
  小野  伸二 浦和 1979/09/27 26 175、74 53 6
  遠藤  保仁 G大阪 1980/01/28 26 178、75 40 3
FW   柳沢  敦 鹿島 1977/05/27 28 177、75 55 17
  高原  直泰 ハンブルガーSV 1979/06/04 26 180、77 40 15
  玉田  圭司 名古屋 1980/04/11 26 173、63 37 7
  大黒  将志 グルノーブル 1980/05/04 26 177、74 16 5
  巻  誠一郎 千葉 1980/08/07 25 184、77 9 3
Posted by c-bird at 22:29

2006年03月22日

日本世界1にヽ(^o^)丿・・・WBC

準決勝で韓国を見事に撃破して(当然だけど(^^)v)決勝に進んだ日本。
決勝はあのキューバ。
いやはや、希望的観測では優勝してくれればという思いはあったが、
現実、日本が世界№1の栄冠に輝くとは驚きだ。
色々あったが、それも終わってみると日本の実力があったからこその勝利だ。
決勝戦はナインのプレッシャーもかなりのものだったろう。
なんでもないプレーにミスが出た事からも、その緊張度が窺える。
幸いにもそのミスは大事に至らなかった。とはいえ最後まで目の話せない
試合だった。終盤での逆転が頭をよぎる。だが日本チームは駄目押し点を
追加し、キューバの追随を許さなかった。試合が終わってみると10対6と大勝だった。

WBCは日本チームにとってイチロウの参加は大きかった。
しかし、なんと言ってもチーム全員で一丸となり勝ち取った勝利だろう。
どん底から這い上がり世界一に輝いた日本チームに拍手を贈ろう。

Posted by c-bird at 00:39

2006年03月16日

さーて、いよいよ韓国戦

間もなくキックオフ。じゃなくて、えーとあら?野球の場合なんて言うのだっけ?
とにかくもう少しで始まる。
楽しみだなぁ。やっつけちゃいましょう。でも韓国のピッチャー良いらしいけどねぇ。

松井、松井稼頭、井口、アメリカにいるんだから加勢に来れば^^;
今回イチロウがチームに快く参加した事がイチロウ株が私の中で高値に
なった。メジャーにいった日本選手はシーズンを考えて出場を辞退した
ようだけど。結局何かと億劫だったのかな?イチロウの「ここで怪我して壊れ
たらそれまでの選手だ」という主旨の発言がカッコよかったなぁ。
でもそのイチロウもオリンピックには出なかったけどね(笑)
まぁ、人は少しづつ考えが変るものだし、イメチェンもあり、それぞれに事情も
あるんだろうけどイチロウが参加してくれて盛り上がりも違った事はいえるんじゃないかな。

Posted by c-bird at 10:37

2006年03月14日

WBC 誤審が問題ではなく・・・

ミスは誰でもある事、何てアメリカは言うが誤審は問題だ。しかしそれより
問題は・・・
ルールの不適用で判定が覆されたことだ。審判が誤審で苦渋を飲むことは多くある
だが、一度審判が判定して覆ることなどほぼありえない。
なのに何故このWBCにおいてい簡単に判定を覆したか。そこが大きな問題。
うがった見方をすると何が何でもアメリカを勝たせるために行った行為じゃないか?
なんて言われるだけの失態だと思う。メジャーの選手には何も悪い事は無い。
ただ、「誤審は誰でもある」なんて事で問題をすり替えるなって言いたいなぁ。
あの審判外すんだろうな?

あの試合は日本の勝ち!
世界1は日本!(になって見返そう!)

Posted by c-bird at 09:27

2006年03月13日

「WBC 」くそ~、アメリカは審判を味方につけた!

日本さよなら負けだって詳しくはスポーツニュースを見よ!

Posted by c-bird at 09:59

2005年12月19日

ミキティからマオからまた・・・

メディアって見切りがはやい。美姫と書いて「ミキ」という。凄い名前だなぁ。
そんミキティ人気かな?おもいきやあれよあれよと
真央ちゃん人気がそれを上回り、ミキティ人気はすっかりかげりを見せた。
でも直ぐまた変るのがマスメディアだけど。

Posted by c-bird at 12:25

2005年12月10日

首の皮一枚からついに首が落ちた!(レイソルJ2降格)

私はサッカーファンではあるが熱烈なレイソルサポーターではない。
しかしJ2降格は地元であるだけに非常に残念。だが試合内容を見ると
こうなるのも必然。

地元でのサッカー人気がかげりを見せるのは必至。
だが、今日、サッカー場横の道路には、熱烈サポーターが大勢いた。
つい最近駅前でサポーターがレイソルの応援の署名を
していたが、今日の試合は、そんな熱烈サポーターの声を無にしてしまった。
人気低迷、それを支えるスポンサーは引いていくかも。
これから益々厳しい戦いになるだろう。
がんばれ!と言いたいが選手になんだか“魂”を感じない。

Posted by c-bird at 18:55

2005年11月20日

Qちゃん優勝してよかった!(東京女子マラソン)

高橋尚子はやっぱり超一流のアスリートだ。
少し故障があったとはいえ素晴らしい走りだった。でも見ているこちらは中盤ま
でひやひやしていた。
途中で失速し脱落したらとか。もう年齢的にピークを過ぎているんじゃないかとか。
だが、そんな私の不安はいっぺんにすっ飛んだ。
スパートは素早く仕掛け、速く力強くそれにすがすがしい走りだった。

Qちゃんのたった一度の失敗があの2年前の同じ東京女子国際マラソンだ。
それをマイナス点にしてもオリンピックに行くべきアスリートだった。
だが、勝負とは無情なものだと、いまさらながら感じる。
今日を基点に新たな高橋尚子のスタートが始まった。

Posted by c-bird at 23:13
 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | All pages

このサイトの著作権は、全て「Carefree Field」に帰属します。
Copyright ©2004- 「Carefree Field」. All Rights Reserved.